遺言書作成

遺言書をどのように作成したらよいでしょうか。自筆証書遺言で見てみましょう。用意するものは丈夫な用紙、筆記用具(文字が消えるボールペンを使わないようにしましょう。)、印鑑(実印が良いでしょう。)、朱肉です。あれば良いものは印鑑登録証明書、戸籍謄本、住民票、登記事項証明書、登記簿謄本、封筒、のりなどです。

基本的な遺言書はまず、題名を「遺言書」と書き、全文自筆です。法定相続人でない人に財産を残したいならば、「相続させる」とは書かず、「遺贈する」と書きます。財産の書きもれがあると遺産分割協議になりますからこれは大事な一文です。そして、手続きをスムーズにするために遺言執行者を指定すると良いでしょう。それから、不言事項として、効力はないのですが、家族へのメッセージを書くと家族にとっては励みになるでしょう。そうした上で正確な日付記入し、自筆で署名、押印をしたものを保管します。

上記は一連の自筆証書遺言の書き方です。なかなか難しいですし、分からないことが多いでしょうから、相続専門の弁護士に相談して見てもらいましょう。こういった存在は心強いものです。遺言書などというものは普段書くものではないでしょうから、一人で作成というと大変です。弁護士と一緒に作成できれば、かなり心強いでしょうし、法律的にも正しいものが書けるでしょう。