遺言書とは

遺言書とは亡くなった人が遺産相続について、書き残した手紙です。それは、故人にとっての最後の意思表示と言えるもので、遺産相続の重要なポイントになります。遺産の分割方法を明確に示し、親族間のトラブル等を避ける狙いがあります。また、遺言書には自筆証書遺言(じひつしょうしょ・いごん)、公正証書遺言(こうせいしょうしょ・いごん)、秘密証書遺言(ひみつしょうしょ・いごん)の3つの種類があります。このうちのどれかを遺言者は選択して、残された人々にどうしても伝えたい遺産分与について遺言を書き残すのです。こういった遺言書は弁護士に依頼も出来ます。

では、各遺言書の特徴を見てみましょう。自筆証書遺言は裁判所の「検認」があり、書き方のルールがあります。そのルールに当てはまらないものを書くと効力が亡くなりますから、要注意です。そのためには正しいルールを身に付けておかなければなりません。そして、公正証書遺言は承認2名以上の立ち会いが必要です。こういった知識は、普段の生活では忘れがちのものですが、誰でも通る死への旅だちにおいて、大切なことです。

このような遺言書に対する知識をいざと言う時のために身に付けておきましょう。当サイトは皆様がいざと言う時にあわてず、対応できるよう、遺言書に関する情報をお伝えいたします。遺言書と弁護士の関係について、遺言書作成について、そして遺言書のメリットについて、わかりやすく記述いたしますので、お読みになっていざと言う時の知識として、心の片隅に置いておいてください。何かの折にお役にたつこと間違いなしでしょう。ご参考になさってください。